入間市で弁護士に相談したい方必見!法律相談のコツ

弁護士17

狭山茶の産地として知られる埼玉県入間市で、弁護士に相談した時「あっという間に相談の時間が終わってしまった」という話を聞くことがあります。また「こんなことを相談しても良いのだろうか」と思う方も少なくありません。

弁護士は敷居が高いというイメージを持たれがちで、相談するというだけで緊張する方もいるでしょう。

しかし、弁護士に相談するためのコツをつかめば安心して相談することができます。

弁護士にできること

そもそも弁護士とは、司法試験に合格して弁護士資格を持ち、弁護士として登録された法律の専門家のことです。裁判での代理人業務が知られていますが、実は法律相談や交渉など一般の人にもなじみの深い業務も行っています。

弁護士は、トラブルを抱えている人の依頼を受け解決するための手助けをします。当事者同士では解決が難しい場合や法的な手続きが必要な場合などには、依頼人の代理人となることができます。また、法的な手続きに関しては、弁護士に依頼しないで個人で行うことも可能です。

しかし、法的な手続きには法律の知識も必要ですし、裁判所へ出向くことが必要な場合もあります。そうすると時間も手間もかかるばかりではなく、自分が思うような解決に至らないということも考えられます。法律の専門家である弁護士であれば、相手方との交渉も法的な手続きも代理してもらえますし、望む結果を得やすくなります。

弁護士に依頼することによって解決への道もスピーディーになるでしょう。

身近な問題でも相談できる

法律相談と言っても「どんなことを相談すればいいのか」と思われる方も多いのではないでしょうか。法律の知識のない一般の人たちは、何が法律問題なのかを判断できないものです。弁護士は、そうした人たちの相談を数多く受け、法律の専門家として適切なアドバイスをしています。

また、法律問題でない場合は、より適している機関などへ紹介してくれる場合もあります。離婚や相続、借金問題や労働問題など、どんなトラブルでも相談してみましょう。

どんなことが相談できるのか?

弁護士36

近年、離婚をめぐる慰謝料や子供の親権、養育費などについての相談が増えています。弁護士は調停や裁判になった場合の代理人として離婚問題に介入できます。また、婚約破棄に関しても損害賠償の支払いや金額について相手側と交渉することが可能です。

相続に関しては、遺言書や公正証書を作成するサポートが可能です。相続人同士がもめた場合には、遺産分割についての調停や裁判でも弁護士は代理人となることができます。さらに、最近ニュースなどでも取り上げられている子供や高齢者に対する虐待、いじめについても弁護士に相談することが可能です。

虐待やいじめなどの問題を適切に解決し防止策も検討しています。加えて、高齢化社会で問題となっている財産管理について、後見人となることができるのも弁護士の仕事となっています。交通事故の場合は、適切な賠償額かどうかの判断や、保険会社との交渉を行うのも弁護士に任せることができます。

その他にも、DV(家庭内暴力)やストーカーによる事件が後を絶ちませんが、早い段階で弁護士に相談することで、重大な被害を受けないように弁護士はサポートしています。残業代の支払いや過酷な労働環境、セクハラやパワハラなどの労働問題にも弁護士は法律の専門家として、法的な解決に導く手助けをします。

労働者側だけでなく、会社側にとっても労働者側からの不当な要求などの問題を抱えている場合があります。

労働問題は関係する法律が多いため、労働問題に長けた弁護士に相談すると良いですね。そして、多重債務者が増えている現代において、借金問題や債務整理に関わる相談も多くみられます。債務整理は個人でも手続きを行うことができますが、金融業者との交渉や手続きなどは、法律の知識が豊富な弁護士に依頼すると時間も手間もかからず解決することが可能です。

どの債務整理の方法が良いかなどのアドバイスもしてくれるので、借金で悩んでいる方は、少しでも早く弁護士に相談することをおすすめします。なお、スマホの普及によりワンクリック詐欺や出会い系サイトでの被害などのネットトラブル、商品やサービスを購入して起こる消費者問題、医療過誤などの医療問題等、日常生活の中にも法的に解決できるトラブルはたくさんあります。

原則的に弁護士は法律全般を扱いますが、それぞれ得意分野があります。解決事例などをホームページを参考にするなどして、相談したい内容に適した弁護士を見つけて相談すると良いでしょう。

関連記事:茨城で弁護士に相談をしよう

うまく相談するコツ

法律相談は30分となっている場合が多いです。30分という短い時間でより適切なアドバイスを受けるためには、相談する時にいくつかのコツがあります。まず、本人が相談に出向くことです。トラブルの経緯は本人にしかわからないことが少なくありません。

解決する方法がいくつかある場合には、どの解決策を選ぶかは本人次第です。本人が重い腰を上げないため家族が代わりにと思う方もいますが、トラブルの当事者である本人が相談に出向くことが基本と言えます。事前にトラブルの内容をまとめておくのも上手に相談するコツです。

トラブルの内容を時系列にまとめておくと、事実を把握しやすくなります。短い時間で弁護士に事実を把握してもらえると、的確なアドバイスが期待できます。また、トラブルに関係のある書類や資料を持参することも大切です。

事実を正確に把握するためには、それを証明する書類が必要になる場合があります。書類が揃っていないと、また相談しなければならないことにもなりかねません。一見、関係ないと思われるような書類でも必要になるケースもあるので、関係がありそうな書類はすべて持っていくようにしましょう。

弁護士は事実を正確に把握しないと、依頼者に有益なアドバイスをすることができません。そのため、不利なことや言いにくいことでも、正直にありのままに伝えることが重要です。弁護士は守秘義務があるので、相談した内容が外部に漏れることはありません。

包み隠さず事実を伝えましょう。

入間市でトラブルを抱えているなら、まずは弁護士に相談しましょう

弁護士27

入間市は、都心からも電車で1時間ほどとアクセスが良くアウトレットもあることから多くの観光客が訪れています。味が良いと評判の狭山茶で知られ、茶の花は入間市の花にも制定されています。また、国道16号線沿いにある西洋風の迎賓館は大正時代に竣工された建物で、ドラマの撮影などにも使われる観光スポットです。

さらに、元米軍住居地域跡はアメリカ風の街並みとして残り、茶畑の日本らしさと歴史のある建物など様々な文化の魅力が融合している市です。そんな独自の文化を持つ入間市でも、法律で解決できるトラブルや困りごとは、意外と日常生活の中にも存在します。

弁護士に相談できることは多岐にわたります。入間市でトラブルを抱えて悩んでいるなら、まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。依頼に至らなくても、法律相談だけで解決へ向けてのアドバイスを教えてもらえることもあります。

法律相談は、自治体で無料で行っている場合もありますし、弁護士事務所でも5,000円程度の相談料で受けることができます。中には、相談料が無料のところもありますので、気軽に相談してみましょう。